普通の歯医者と口腔外科、どちらが良いかはあなた次第

>

一般歯科と口腔外科のどちらに行くべきかは歯科医師が判断する

どんな症状を診てもらいたいのか

普通の歯医者に行くか口腔外科に行くかを考える前に、今の自分の口腔内で何が問題なのかをまずは考えていきましょう。
虫歯かもしれないから診てもらいたいのか、歯ぎしりがひどいからなんとかしたいのか、原因は分からないけれど時々痛みがひどいのが気になるのか、歯医者で診てもらう理由は人それぞれだと思います。
しかし、実際何が問題なのかは、歯医者で診てもらうまでは分かりません。もしかしたら歯の問題ではなく、精神的なことからくるものなのかもしれません。
歯医者に行っても原因が分からず、モヤモヤとした状態で終わることもあるでしょう。
その場合は、他の歯医者に行けば解決することもあるので、セカンドオピニオンとして複数の歯医者に行ってみるのも良いと思います。

まずは一般歯科で診断してもらうこと

明らかに歯茎の中のほうが痛い、と分かっていても、まずは一般歯科に行き歯科医師に診断してもらうことが大切です。
というのも、親知らずが特殊な生え方をしていて、口腔外科に行ったほうが良い場合、歯科クリニックからの紹介状があったほうがスムーズに診察してもらえるからです。
口腔外科医もピンからキリまでいますので、どの口腔外科に行くのか素人が探すよりも、同業者である歯科医師のほうが、情報もより正確です。
一般歯科に行くか口腔外科に行くか、自己判断であれこれ悩むよりも、まずは一般歯科に行き、自分の状態を正確に把握することをお勧めします。
ネットで調べられることは限界がありますし、その情報は最新のものではないかもしれません。歯科医院によっては、ホームページをあまり頻繁には更新しないでいるところもあるので、最新の情報を得たければ、歯科医院に行き診断してもらうのが一番だと思います。