普通の歯医者と口腔外科、どちらが良いかはあなた次第

>

親知らずの抜歯は一般歯科でも可能

普通に生えてきている親知らずの治療

親知らずの治療は口腔外科でしか行えないということはありません。
親知らずも他の歯と同じ歯ですので、まっすぐ普通に生えてきているものであれば、口腔外科に行かなくても普通の歯医者で治療は出来ます。
やはりいつも行き慣れた歯医者で治療してもらったほうが安心だと思いますので、親知らずの治療=口腔外科という風に考えることはやめておきましょう。
親知らずが痛いと思っていても、実は原因は親知らずではないこともあります。歯医者に行けば、痛みの理由は大体分かってくるため、わざわざ口腔外科を探さなくても良いのです。
調べてもらったら、知覚過敏や噛み合わせの問題で痛みが出ていたということもよくある話です。
親知らずということで身構えずに、歯医者で診てもらうまではあまり深く考えなくても良いと思います。

完全に生えていない親知らずなどの治療

親知らずには大きく分けて2種類あります。
1つは、先に述べた普通に生えている親知らずで、もう一つは、普通に生えていない親知らずです。
普通に生えていない親知らずとは、半分くらいしか生えていない親知らずや歯茎の中に埋まったまま生えてこない親知らずのことを指します。
生えてきていないのであれば何の問題もないのではないかと思うかもしれませんが、表面に出てきているものだけが問題あるというわけではないのです。
生えてこない親知らずは、歯茎の中で他の歯に影響を与えていることもあります。例えば真横に生えてきているためにその横の歯の根っこを押しているということは、割とよくある話だと思います。
そうした場合は歯茎を切開してその親知らずを取り除く必要があるわけなのですが、こうなると普通の歯科では手に負えないので、口腔外科を勧められると思います。