普通の歯医者と口腔外科、どちらが良いかはあなた次第

>

口腔外科は認定医や専門医の資格を有する歯科医がいるところ

一般歯科で出来ること

一般歯科で出来ることは、歯科診療全般です。
虫歯や歯周病の治療はもちろん、歯のクリーニングや定期検診、義歯の作成や調整など、歯科におけるあらゆる治療をすることが出来ます。
そのクリニックに所属している歯科医師が、どの分野を得意とするかで出来ることが限られてきたりもしますが、基本的に一般歯科では何でも出来るとされています。
ただ、矯正治療や口腔外科手術は、歯科の中でも少し特殊な分野になるため、一般歯科と分けて考えている歯科医師も多く存在します。
基本的に、一般歯科で通常行われていることは、保険の範囲内での虫歯治療や歯の定期検診がほとんどです。
歯の機能面を回復させる目的の治療をするところが一般歯科であり、矯正の治療のように、見た目を良くする目的はあまり含まれていないと考えたほうが良いと思います。

歯医者と口腔外科の違い

歯医者と口腔外科は別物として考えている方もおられるかもしれませんが、広い範囲で見るとこの2つは同類と考えても良いと思います。
歯科医師免許を持っていれば、歯科に関する全ての処置を行うことが出来るので、そういった意味では違いはありません。
違いを挙げるとすれば、専門性になります。
歯科医師は、小児歯科、矯正歯科、口腔外科のいずれかの分野に特化して勉強をするタイプと、この3つ以外の全てをオールマイティにこなすタイプと分かれます。
保険の範囲内で治療を行いたい方は、後者のタイプの歯科医師のところで診てもらえれば、満足の行く治療を受けられるかと思います。
しかしお金よりも治療内容や術後経過を重視するのであれば、口腔外科医のように専門性のある歯科医師に診てもらったほうが満足の行く治療を受けられるでしょう。